引出物.jp > 法要の引き出物(引き物)(四十九日・一周忌・三回忌など)マナー

 

四十九日・一周忌・三回忌などの年忌法要(法事)。
故人を偲んでご出席頂いた方へ、感謝の気持ちを込めて、
ご満足頂けるお品を贈りたいですね。お斎の席などで
渡す法要引き出物には、生活に役立つタオルや、
“消え物”と言われる食品や洗剤・石鹸ギフト、
選べるカタログなどが人気です。
引き出物ランキング1 引き出物ランキング2 引き出物ランキング3
1位:カタログギフト 2位:暮らしの食品 3位:和菓子
幅広い層の方への法事引き出物なら悩まず安心のカタログが1位。 ランキング2位はどの家庭にもご満足頂ける暮らしの食品ギフト。 ランキング3位は年配の方にも贈りやすい美味しい和菓子・煎餅。

 

法要引き出物ランキングコーナー
デゼルトコース
1位 デゼルトコース
off 3,483
四十九日や一周忌などの法要の引き出物・忌明けの香典返しに、ブランド雑貨&グルメが別冊セットで選びやすい、デゼルト4000円コース。たくさんの法要の引き出…
フィオーレコース
2位 フィオーレコース
off 4,698
四十九日や一周忌などの法要の引き出物・忌明けの香典返しに、ブランド雑貨&グルメが別冊セットで選びやすい、フィオーレ5500円コース。たくさんの法要の引き…

 

おすすめ法要引き出物商品ピックアップ

 

引き出物人気1位のカタログキャンペーン
総合カタログ グルメカタログ

 

法要引き出物に
法要引き出物に今治タオル。タオルランキング1位!.

法要引き出物に
法要引き出物に市田ひろみ宇治茶。お茶ランキング1.

法要引き出物に
法要引き出物に調味料ギフト。食品ランキング1.

 

法要の引き出物(引き物)のマナー

法要引き出物のイメージ

◆法要について

法要は「忌日法要」と「年忌法要」の2つに大きく分けられます。


●忌日法要・・・
仏教では人が亡くなった命日から数えて、7日ごとの、初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四十九日)7回を忌日としています。ちなみに七七日は「四十九日」、「満中陰」ともいい、特に重視され規模の大きな法要の式などが行われます。

●年忌法要
何年かおきの命日に行う法要のことを指します。
一般には、死亡した翌年に行う一周忌をはじめ、翌々年に行う三回忌や七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とおこないます。

 

◆法要の引き出物(引き物)とは

法要・法事の式の終了後に設ける会食の席(お斎)で、当日、参列者に配る手土産です。

正式には「引き物」と言います。
会食後に渡すのが一般的です。

 

◆法要の引き出物の金額相場は?

地域によっても差がありますが、引き出物の品の金額としては、2,000〜5,000円くらいが一般的です。
地域によって、2〜5品など、品数が異なる場合があります。
法要後の会食に費用がかかりますので、ひと品あたりは手土産程度の2,000〜3,000円前後くらいが多いようです。
後日、返礼としてご自宅に送る場合などは、ボリュームのあるひと品でもよいでしょう。

 

◆法要の引き出物に贈るもの
法要の引き出物は香典返しと同様に、お品は、タオル、石鹸、シーツ、お茶、食器など、持ち帰りやすい日用品がよく使われています。
最近では、先様にカタログを贈って、お好きな品物を選んでいただくカタログギフトも定番になってきています。贈り主様が品物を選ぶ煩わしさがなく、先様にも自分のお好きな品物を選んでいただける引き出物になります。

 

◆法要の引き出物の掛け紙(熨斗)と表書き
●表書きは「粗供養」・「志」が一般的です。
●関東方面では、四十九日の忌明けの法事でお渡しする場合、「満中陰」「満中陰志」とする場合もあります。

※水引は地域性があり、黒白または黄白の結び切りの水引などがあります。不明な場合は、同じ地域の年配の方などにご相談ください。

 

 

◆法要が重なる場合は
一年の間に複数の法要が重なる事もあります。一周忌や三回忌などの重要な法要でない限りは、合わせて行う事もあり、「併修」「合斎」と呼ばれます。このような場合は、案内状にもその旨を記載しておくとよいでしょう。


 

 

引出物.jpのトップへ戻る


お買い物について
引き出物